さすらいネコの旅

寺社巡りしています。

【綴喜郡】正寿院

宇治より更に山奥。

涼しげな風鈴寺があります!

1000以上の風鈴が吊られ、絶賛風鈴まつり中!

シャラララーと心地よい音色です!

f:id:sasurai-neko:20170731112926j:plainf:id:sasurai-neko:20170731112913j:plain

f:id:sasurai-neko:20170731112911j:plainf:id:sasurai-neko:20170731112912j:plain

f:id:sasurai-neko:20170731112914j:plainf:id:sasurai-neko:20170731112916j:plain

f:id:sasurai-neko:20170731112917j:plainf:id:sasurai-neko:20170731112924j:plain

高野山真言宗のお寺で、800年程前に創建。

慶長年間に祐胤大徳が中興。

本尊は秘仏の十一面観音で、50年に1度だけのご開扉。

お茶を頂き、風鈴を眺めながらゆったりとした時間を過ごします。

f:id:sasurai-neko:20170731112920j:plainf:id:sasurai-neko:20170731112921j:plain

都道府県の風鈴を展示。

その土地の焼き物を使ってたり、ゆるキャラになってたり。

音も様々で楽しめます。

f:id:sasurai-neko:20170731112923j:plain

 

客殿・則天の間には、猪目窓というハート型の窓。

庭の緑が美しく切り取られていて絵になります!

f:id:sasurai-neko:20170731112928j:plainf:id:sasurai-neko:20170731112929j:plain

則天の間とは、自然に身体を委ねて川や風、鳥のさえずり等の音を聞き、

私達も自然の一部である事に気付ける場所であることから名付けられています。

 

160枚の天井画!

一つ一つ手が込んでいて、落ち着いた部屋の中に華やかさが感じられます!

f:id:sasurai-neko:20170731112930j:plain

みずびきアート!色々考える人が居るなぁ!

f:id:sasurai-neko:20170731112931j:plain

 

ここでは風鈴の絵付け体験も出来ます!

可愛い花火柄!

アクリル絵の具で内側から描いているのです!

これだけなのに試行錯誤で1時間以上掛かりました…。

でも我ながら良い出来だと思います。

f:id:sasurai-neko:20170731112925j:plain

 

御朱印はたくさんあったのですが、4種類を頂きました!

般若心経、慈眼、猪目窓、酉年の御朱印

この時期限定の風鈴の印が押されています!

猪目窓の御朱印は名前入りで限定感が増します。

f:id:sasurai-neko:20170731102922p:plain

f:id:sasurai-neko:20170731102923p:plainf:id:sasurai-neko:20170731102924p:plain

 

【宇治】平等院

前回行き損ねた平等院鳳凰堂へリベンジ!

f:id:sasurai-neko:20170731112909j:plain

左右に延びた屋根が翼の様。

見慣れた10円玉の景色が鮮やかに蘇っています。

f:id:sasurai-neko:20170731112901j:plainf:id:sasurai-neko:20170731112902j:plain

ここ数年大掛かりな修理をしていた様ですが、

今はヴェールも剥がされ、扉絵の修復作業中。

蓮の花も綺麗で、まさに極楽浄土~!

f:id:sasurai-neko:20170731112904j:plainf:id:sasurai-neko:20170731112906j:plain

f:id:sasurai-neko:20170731112900j:plainf:id:sasurai-neko:20170731112905j:plain

てっぺんには金色に輝く鳳凰

f:id:sasurai-neko:20170731112908j:plain

元は光源氏のモデルともいわれる源融が営んだ別荘地が宇多天皇に渡り、

孫である源重信を経て、藤原道長の別荘「宇治殿」となったもの。

道長が没し、その子・頼通が寺院に改めました。

この年は末法初年に当たるとされ、極楽往生を願う浄土信仰が社会に流行。

堂内には定朝によって制作された丈六の阿弥陀如来坐像を安置。

約1000年前に建立された建造物や仏像が伝えられ、世界遺産にも登録されています。

 

堂内の長押の壁には雲中供養菩薩像が掛けられています。

コの字形に阿弥陀如来を囲んでおり、

雲に乗って楽器を弾く姿が可愛らしいので必見です!

 

f:id:sasurai-neko:20170731112903j:plain

御朱印鳳凰堂と本尊の阿弥陀如来

鳳凰の印が押されています!

f:id:sasurai-neko:20170731102921p:plain

平等院ミュージアムではオシャレなグッズが沢山販売されています!

クリップを買いました!

f:id:sasurai-neko:20170731112932j:plain

【枚方】機物神社

七夕伝説発祥の地という説がある機物神社

七夕のお祭は大変賑わうそうです!

f:id:sasurai-neko:20170627112747j:plainf:id:sasurai-neko:20170627112748j:plain

御祭神は天棚機比売大神栲機千々比売命大神、地代主大神、八重事代主大神。

古代、枚方市「津田」を「秦田」、「倉治」を「秦者」といっていた時代があり、

「ハタモノの社」が、後に七夕伝説と結び付けられたという説があります。

大陸から渡来した秦氏に代表される交易商人の一部が定住したと言われています。

f:id:sasurai-neko:20170627112750j:plainf:id:sasurai-neko:20170627112751j:plain

拝殿の前には3組もの狛犬

どれも可愛らしいです。

f:id:sasurai-neko:20170627112754j:plainf:id:sasurai-neko:20170627112755j:plain

f:id:sasurai-neko:20170627112752j:plainf:id:sasurai-neko:20170627112758j:plain

祭神に出雲系氏族の神の地代主命や事代主命が含まれます。

農耕・産業を司りますが、軍神としても尊ばれ、

信長や光秀・秀吉・家康らにより庇護。

七夕伝説と結びつき、手芸・学問の神にもなっています。

冬至の日に境内から交野山に重ね合わされた日の出が見られ、

祀ができる以前は山そのものが御神体だった様です。

f:id:sasurai-neko:20170627112756j:plainf:id:sasurai-neko:20170627112757j:plain

f:id:sasurai-neko:20170627112753j:plainf:id:sasurai-neko:20170627112746j:plain

f:id:sasurai-neko:20170627112633p:plainf:id:sasurai-neko:20170627112635p:plain

【枚方】春日神社

f:id:sasurai-neko:20170627112742j:plainf:id:sasurai-neko:20170627112745j:plain

1441年、春日大社より勧請。

御祭神は、武甕槌命経津主命天児屋根命・比咩大神、

そこに土地の神様として火産霊命が配祀されています。

 

春日大社の神使、鹿の像。

f:id:sasurai-neko:20170627112743j:plain

 

この辺一帯は茄子作。

茄子の産地だったとか…。

茄子のキャラクターを発見しました…!

f:id:sasurai-neko:20170627112744j:plain

御朱印も茄子が描かれるという事で期待していましたが、

社務所が閉まっていました。残念。

【枚方】片埜神社

交野郡一宮。

f:id:sasurai-neko:20170627112741j:plain

垂仁天皇の代、出雲国野見宿禰が、当麻蹴速との相撲に勝ち、土地を拝領。

出雲の祖神である素盞嗚尊を祀って一族の鎮守としたのが始まり。

「片埜」はこの一帯の古名で、交野市の地名の由来でもあります。

野見宿禰の後裔である菅原道真が天神として祀られる様になると、菅原道真が配祀。

また、櫛稲田姫命と八嶋士奴美神を配祀。

かつては広大な社地を有し、桜の名所として歌枕ともなっていました。

f:id:sasurai-neko:20170627112740j:plainf:id:sasurai-neko:20170627112738j:plain

豊臣秀吉により復興され、大坂城の鬼門鎮護の社とされました。

大坂城天守の北東の石垣に鬼面を刻み、対面させたそう。

後秀頼により本殿、拝殿の社殿が大造営。

鮮やかな社殿の色味は当時と同じ材料を使って再現されているそうです。

f:id:sasurai-neko:20170627112732j:plainf:id:sasurai-neko:20170627112731j:plain

f:id:sasurai-neko:20170627112733j:plainf:id:sasurai-neko:20170627112734j:plain

 

後の近隣神社の合祀により天照皇大神品陀和氣命天児屋根命八幡大神

久那戸神、八幡大神、久須須美大神、事代主命が加えられています。

f:id:sasurai-neko:20170627112735j:plainf:id:sasurai-neko:20170627112739j:plain

 

鬼門除けの神社とされた事から、現在でも方除・厄除の神。

鬼は片埜神社の象徴・守り神。

絵馬や御朱印には鬼面が描かれており、

節分の豆まきでは「鬼は内」と唱えるそうです。

良い顔されています!

f:id:sasurai-neko:20170627112737j:plainf:id:sasurai-neko:20170627112634p:plain

【京都】金戒光明寺

f:id:sasurai-neko:20170527010617j:plain

浄土宗大本山紫雲山・くろ谷。

本尊は阿弥陀如来

15歳で比叡山に登られた法然が43歳の時山頂の石の上で念仏。

光明が辺りを照らした事から この地に初めて草庵を結ばれました。

f:id:sasurai-neko:20170527010619j:plainf:id:sasurai-neko:20170527010620j:plain

西2㎞の京都御所、西10㎞の小倉山を眺め、18もの塔頭寺院が建ち並びます。

御影堂の文殊菩薩

奈良の「安倍の文殊」、天橋立の「切戸の文殊」と共に日本三文殊の一つです。

f:id:sasurai-neko:20170527010621j:plainf:id:sasurai-neko:20170527010622j:plain

ここは幕末京都守護職会津藩の本陣にもなり、新選組発祥の地。

江戸幕府は、何かある時に軍隊が配置できる様、

黒谷と知恩院をそれと分からない城構えとしました。

小高い岡になっており、要所にも近く、自然の要塞。

約4万坪の寺域には大小52の宿坊があり、

大方丈及び宿坊25ヶ寺を寄宿の為に明け渡しました。

八月十八日の政変の日、新選組の命名と共に市中取締の命を受けました。

 

話題のアフロ如来

こんなに大きな頭を持っているのに、目立たないところにひっそり座っていました。

f:id:sasurai-neko:20170527010623j:plain

正しくは「五劫思惟阿弥陀仏」。

気の遠くなる程長い時間修行をした姿を現した仏像。

”劫”とは時の長さを表していて、”一劫”は

「四十里立方の大岩に天女が三年(百年とも)に一度舞い降りて羽衣で撫で、

その岩が無くなるまでの長い時間」の意味。

厳密に計算すると一劫は約43億年!ひぇー!

 

御朱印にもアフロ如来が押されています。

f:id:sasurai-neko:20170527004402p:plain

土産物にもアフロ!

くせになる可愛さです!

f:id:sasurai-neko:20170527123933j:plainf:id:sasurai-neko:20170527123932j:plain

【京都】大豊神社

f:id:sasurai-neko:20170527010226j:plainf:id:sasurai-neko:20170527010225j:plain

哲学の道を進んで行くと着きます。

 

丸々太った狛犬。頭が平らです。

f:id:sasurai-neko:20170527010228j:plainf:id:sasurai-neko:20170527010227j:plain

f:id:sasurai-neko:20170527010229j:plain

 

御祭神は少彦名命、応仁天皇菅原道真

宇多天皇の病気平癒のため藤原淑子が創建。

兵火で焼失したが再建され、この辺一帯の産土神とされています。

f:id:sasurai-neko:20170527010230j:plainf:id:sasurai-neko:20170527010233j:plain

縁結び、健康長寿の大国社。

f:id:sasurai-neko:20170527010234j:plain

大国主命をお祀り。

大国主命が火攻めに遭った際、ねずみが現れて洞窟にかくまってくれたそうです!

ねずみ年には嬉しい狛ねずみ!

f:id:sasurai-neko:20170527010236j:plainf:id:sasurai-neko:20170527010235j:plain

火難除けの愛宕社には狛鳶、災難除けの日吉社には狛猿。

f:id:sasurai-neko:20170527010232j:plain

金運恵授の狛巳。

f:id:sasurai-neko:20170527010231j:plain

動物盛り沢山で可愛らしい神社です。

 

御朱印の日付がサインペンだった事に衝撃。

f:id:sasurai-neko:20170527004436p:plain

創建当時は背後の椿ヶ峰という山の中にあり、椿峰山天神と呼ばれていました。

今でも椿の名所です。

f:id:sasurai-neko:20170527010237j:plain