読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さすらいネコの旅

寺社巡りしています。

【京都】禅居庵

建仁寺の塔頭。

入口に狛猪!

鎮守として仏法を護る摩利支天が祀られていますが、

この摩利支天が7頭の猪の上に座しているのです。

f:id:sasurai-neko:20170126002950j:plain

そんな訳で、境内は猪で溢れています!

開運勝利のご利益、また亥歳生まれの方の守り神として信仰されています。

 

優しそうな猪。

f:id:sasurai-neko:20170126002955j:plainf:id:sasurai-neko:20170126002956j:plain

セクシーな猪。

f:id:sasurai-neko:20170126002953j:plain

不細工な猪。

f:id:sasurai-neko:20170126002952j:plain

置物の猪。

f:id:sasurai-neko:20170126002957j:plain

 手水舎の猪。

f:id:sasurai-neko:20170126002958j:plain

御神籤の猪。

f:id:sasurai-neko:20170126002959j:plain

摩利支天の語源はサンスクリット語

陽炎を意味するMarici(マリーチ)。

陽炎には実体が無いので、害される事が無いところから

戦国武将の間に摩利支天信仰が広がったそうです。

楠木正成前田利家は兜の中に摩利支天の小像を入れて出陣し、

山本勘介や大石内蔵助も信仰していたそうです。

f:id:sasurai-neko:20170126003001j:plain

この猪の絵も凄いなぁ。

f:id:sasurai-neko:20170126003000j:plain

f:id:sasurai-neko:20170125230416p:plain